テーマ:野の花

24日の散歩から

近くの川まで、急ぎ足の散歩でした。 これまで名を知ろうともしなかった野の花でしたが、今日はちょっと心惹かれました。 名は一応調べましたが、間違っていたらお知らせください。 ムラサキケンマ シロボウエンゴサク ジュウニヒトエとタチツボスミレ ウラシマソウ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンデジだけ持って散歩

3日ほど雨天が続いて、3日目の午後なんとか雨が止んだようなので、近くの川まで。 暗いので野鳥の写真はは無理だろうと思ったので、コンパクトデジカメだけ持って行くことにした。 このコンデジは色調も精度も好みではないのだが仕方ない。 ムラサキシキブ 柿はみな小鳥の餌になっている・・・。 メジロはもちろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花 ・ ウマノスズクサとオオバウマノスズクサ

ジャコウアゲハの幼虫が食べるのはこのつる草です。 ドクダミにも似た、独特の臭いがします。 これは早々5月に咲いたオオバウマノスズクサの花です。 黄色が鮮やかで、おもいがけず可愛らしい花でした。 こちらはウマノスズクサ。7月になってから咲きました。 小さめの小豆色です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山百合と

暑い中、木陰の多い自然公園なら多少は涼しかろうとでかけました。 林の中は少しは涼しいけど。。。やっぱり汗だくです。 それでも山百合が芳香を放つ林の中を歩くと、ホッと嬉しい気持ちになります。 さすがにこの暑い日中に鳥の影は無く、チョウはチョウでも蝶しかいない・・・。 アオスジアゲハ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カラスビシャク

この青いヘビのような植物はサトイモ科の植物で、カラスビシャクといいます。 マムシ草やウラシマ草も同じ科ですが、このカラスビシャクはずっと小さくて草丈20~30センチ前後でしょうか。 カラスの柄杓という意味でつけられた名でしょうかね~。 小さくても不気味ですね~
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花がいっぱい

今年は春が遅かった。 そして、いつも以上に待ち焦がれました。 ようやくいろんな花が咲きだしました。 カタクリも咲いて                 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

途中ですが、我が家にジョウビタキ

戸隠報告の途中ですが、今日庭にジョウビタキが来ました。 去年より10日遅れでした。 去年と同じ子だと思うのですが。。。わざわざこんなところに新人が来るとは思えません。 庭のニシキギかピラカンサの実を食べにきたみたい。 と思ったら、今年はオスも来ました。 オスはちょっとだけしか姿を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋色

鳥撮りながら、合間に撮った花などです。 望遠レンズで撮っていますので、鮮明さがいまいちですが・・・。 コスモスは秋になってより鮮やかになったように見えます。 吾亦紅(われもこう)は秋そのものの色 下の黄色の花は、よく見ると、上花びらの先が舌花状に伸びているように見えます。花の名はキバナアキギリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キキョウソウ・帰化植物

水田の間の道にこんな綺麗な花が咲いていました。 キキョウソウという花のようです。 調べたら北アメリカ原産の帰化植物と書いてありました。 ちなみに空き地でみかけるこんな花も帰化植物でした。 ニワゼキショウ                    …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

軽井沢で春花・2

川沿いの遊歩道を歩いていると、たくさんの花が咲いている場所がありました。 イカリソウ ニリンソウ? エンレイソウ 見慣れたサクラソウや名の分からないスミレたち。 19日小雨のなか出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公園でキンラン

ゴールデンウイークどまんなか(3日)の公園に来たのが間違いでした。 午前にちょっとだけ行ってみたけれど、 広場には喚声とバーべキューの煙が立ち込め、いつもは人の入らない公園端の水田まで人がいて、これじゃ鳥たちも逃げるしかない・・・。 見知らぬおじさんが、さっき珍しく田んぼにオシドリがいましたよ、と教えてくれたけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪獣たちのいるところ

ここは人里はなれた山の中     地中から這いのびるヘビ ゆらゆらと舞踊るものたちや     緑色の口を大きく開けてわめくものたちも そして、差し出された手はまるで   {%表情恐怖deka%…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニワトコの花

これまでも目にはしていたが、あまりというより、ほとんど遠めに白い花を見ていただけでした。 (コンパクトカメラを持っていなかったので、鳥を撮るのと同じデジイチで撮りました!せっかくの細部がいまいち不明瞭ですみません) 別名、接骨木ともいい、幹や枝を黒く焼いたものは骨折や打撲の薬となり、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

へクソカズラの花

確かに葉は独特の臭いがするが 花はこんなに愛くるしい。 花が咲いているときに名を付けてもらえばよかったね・・。 線路沿いの金網にも どこにでも生えている野の草です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハゼランの花

これもいつの間にやら鉢の隅からでてきたものです。 新しいコンデジがどうも扱い難くて画像がいまいちです 小さい、5ミリくらいの可愛いピンクの花です。 調べたら 名はハゼラン(爆蘭)、別名 三時草(三時から咲く)、あるいは花火草とも言うそうです。 ス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サネカズラの花

ブロック塀のうえに可愛らしい花が落ちていました。 ホオ(朴)の花によく似た色形ですが、サイズはず~っと小さい。 サネカズラの花でした。 いつの間にか知らない蔓が伸びてきたと思ったら。。。 近所の家の塀にあった実を鳥が運んで来たんですね。 その家のサネカズラは実を結びつつありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今宵もカラスウリの花が咲く

カラスウリの花が咲く我が家の庭 夫が何処からか根というか芋を掘って持ってきて庭の隅に植えたのです。 弦がみっともなく伸びてくるので嫌なのですが。。。 しかし、闇夜に浮かぶ白いレースのような花は美しい。 だが、せっかくの花は夕方暗くなってから咲き 朝にはしぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマユリ(山百合)

ヤマユリは、ユリの王様ともいわれています。 大きな明るい花で強い芳香があります。 明治以降、日本からヤマユリの球根をヨーロッパへ輸出していた記録があるそうです。 「カサブランカ」等豪華なユリの園芸種は、これがヨーロッパにおいて品種改良され、また日本に逆輸入されてきたのだそうです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ネジバナ

                        真上から見たネジバナ                      くるくるときれいに螺旋を描いています。                      でも、なかにはこんな廻りきれていない花もある。        …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ホタルブクロ

今年もホタルブクロがいっぱい咲きました。 何年か前に空き地に白いホタルブクロを見つけ、そのときはとっても希少なのではないかと思い、 宅地造成で消えてしまったらもったいないと1株持ち帰り鉢に植えたのでした。 紫色のホタルブクロは園芸店で売っていましたが、白は長い間見ていなかったものですから。 ところが・・・。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

5月9日鳥見拾遺 続き

この林の中でキビタキの鳴き声がしました。 しかし、立ち入り禁止区域の奥で鳴いているので近づけません。 昼までには帰らねばならず、じっと待つこともできないのであきらめました。 ギンラン ようやくギンランを見つけました。 実はキンランよりギンランの方が数が減…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月9日の鳥見拾遺

I沼の周りのいたるところに、ノイバラが咲いています。 またこの季節がきたんだな~と思います。 野に漂う香りは甘く爽やかで、とても気持ちが良いです。 キジがいた場所のすぐ上の電線でオオヨシキリが叫びます。 鳴くというより叫ぶ感じ
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヘビイチゴとオオヨシキリとセッカ

天気がスッキリせず画面が暗いです。 斑入り三色ウツギ・・・よそ様のお庭です。 オオヨシキリが来ていると聞いたので、近くの川へちょっとだけ散歩に行ってきました。 5月6日大型連休最後の日です。 葦原に近づいていくと足元にヘビイチゴがありました。 いかにも毒のありそうな名前ですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公園散歩3 - 続き

イカリソウ キショウブ ヤブデマリ・・・初めて見ました。変わった装飾花を持っています。 ハルジオンに止まるアオスジアゲハ オオデマリ ↑上も下も↓マムシグサだけれど、色の違いは成長過程の差…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

公園散歩 3

3つ目の公園 駐車場には石楠花(シャクナゲ) 一面に咲くのは マツバウンランかな?                                                              別の日撮ったマツバウンラン ウワッ~! 真後ろに(大きく見たい方はク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

公園散歩 2

2つ目の公園はキンランがお出迎え。 キンランは希少植物なんだけど、このところ良く見ます。 公園なので雑木林が手入れされているから繁殖しやすいのでしょう。 里山運動が広まって環境がよくなれば、もっといろいろなところで見られるようになるかも。 匂いを嗅いで見たけど、いいにおいはしませんでした{%がっかりweb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン

4月28日朝早くいつもの公園に行ってきました。 マルバスミレの後にジュウニヒトエが咲いていた場所に、今はキンランが咲いていました。 ジュウニヒトエとのコラボ キンランは手入れの行き届いた雑木林が減ったことでその数が減っている植物です。 公園内ですが、特に柵などで保護されていないのでちょ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モミジイチゴ

3月末、満開の桜の下にモミジイチゴ(キイチゴ)が咲いていました。 このまま没になりそうなので、ちょっと時期が戻りますが、載せることにしました。 大株でたくさん花が咲いていました。 黄色い実が鈴なりについたところを見たいものですが、 きっと次から次に小鳥たちの餌になってしまうのでしょう。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

十二単 & ウラシマ草

マルバスミレが咲いていた場所のすぐ近くに今度はジュウニヒトエがたくさん咲いていました。 マルバスミレはもう咲き終わっていました。 ジュウニヒトエ ちょっと撮り方に気持ちが入っていなかった・・・ ウラシマソウも近くにありました。 (…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウワミズザクラ

山に目をやると、ウワズミザクラの房状の白い花があちらこちらで咲いています。 あたりに漂う甘い香りはこの花のものかしら? 樹皮は桜皮細工に使い、つぼみや未熟な実は塩漬けにして食べられるそうです。 (4月18日撮影) ウワミズザクラ(上溝桜)日本花卉ガーデンセンター花…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more